天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

「イプシロン」民間で事業化へ/JAXA、4号機から企業製造

2018/01/18 17:07

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小型ロケット「イプシロン」は18日、3回連続で打ち上げに成功し、技術の実証を終えた。JAXAの奥村直樹理事長は会見で「いつまでも研究機関が打ち上げるのは自然ではない。民間に担ってもらうのが良い」と話し、将来は民間に事業を移管する方針を示した。

 3号機までは、機体の部品などを企業に発注後、JAXAが品質や作業工程を確認し、機体を組み上げていた。4号機以降は、民間移管への足がかりとして、製造をIHIエアロスペース(東京)に一元化。JAXAは打ち上げだけを担当。製造を任せることで、企業ならではのノウハウでコストの削減を狙う。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.