天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

割れてもくっつくガラス/自然修復し再利用も

2017/12/15 05:52

 東京大のチームが開発したガラス素材。(上から下に)割れた破片を両側から押しつけると、断面が自然にくっついて修復する(相田卓三教授提供)
 東京大のチームが開発したガラス素材。(上から下に)割れた破片を両側から押しつけると、断面が自然にくっついて修復する(相田卓三教授提供)

 割れた破片を互いに押しつけると、断面が自然にくっついて修復する特殊なガラス素材を東京大の相田卓三教授のチームが開発し、14日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。相田教授は「割れても再利用できる初めてのガラス素材。ごみを減らして持続可能な社会に貢献できそうだ」と話している。

 従来は割れたガラスを再利用するには高温で溶かして成形する必要があった。相田教授らはポリエーテルチオ尿素と呼ばれる高分子材料を使ったガラスを試作。室温で両側から力を加えて断面を押しつけると、分子同士が動いて結合し修復するのを確かめた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.