天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

岩手・一関でも鳥インフル陽性/今季10例目、島根以外で初

2017/12/14 21:11

 岩手県は14日、同県一関市で回収した野生のオオハクチョウの死骸を簡易検査した結果、鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。15日に北海道大に検体を送り確定検査する。環境省によると、簡易検査での陽性反応は今季10例目で、島根県以外では初めて。

 14日午前1時20分ごろ、一関市要害にある東北新幹線の高架橋の上で、オオハクチョウが死んでいるのをJR東日本関係者が見つけ、県に通報した。確定検査の結果判明には1週間程度かかる見込み。

 環境省は同日、岩手、宮城にまたがる回収地点の半径10キロ圏内を監視重点区域に指定。15日から県職員が定期的に巡回する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.