天気予報を見る
 
新聞購読申込

共産県議、伊方原発の廃炉要請/運転差し止め決定受け

2017/12/14 17:37

 田中克彦・愛媛県議(右)から伊方原発の廃炉などを求めた要請書を受け取る四国電力の木村亨氏=14日、松山市
 田中克彦・愛媛県議(右)から伊方原発の廃炉などを求めた要請書を受け取る四国電力の木村亨氏=14日、松山市

 広島高裁が伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを認める決定をしたのを受け、田中克彦・愛媛県議=共産党=は14日、四国電力原子力本部(松山市)と県原子力安全対策課を訪れ、担当者に「高裁の画期的な判断だった。再稼働させず廃炉へ進めてほしい」と要請書を手渡した。

 四国電へは、高裁への異議申し立ての断念や、3号機と、現在廃炉か再稼働かを検討している2号機の廃炉を求めた。

 要請書を受け取った四国電原子力本部エネルギー広報グループの木村リーダーは「主張が高裁に認められなかったことは極めて残念。決定の内容を検討した上で異議申し立ての手続きに入りたい」と答えた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.