天気予報を見る
 
新聞購読申込

福島県避難区域でがん確率高い?/子どもの甲状腺検査

2017/11/30 19:20

 福島市で開かれた甲状腺検査評価部会=30日午後
 福島市で開かれた甲状腺検査評価部会=30日午後

 東京電力福島第1原発事故による健康影響を調べる福島県の「県民健康調査」の甲状腺検査評価部会が30日、福島市内で開かれた。県内の全ての子どもを対象に行っている検査のうち2014年度から始まった2巡目で、がんやがんの疑いと診断された患者の地域別割合は、事故の避難区域に指定された県沿岸部などの13市町村が最も高いとの分析結果が報告された。

 検査主体の福島県立医大の担当者は、事故との因果関係について現状での評価は難しいとの認識を示した。

 1986年のチェルノブイリ原発事故では、4〜5年後にがんが急増。事故の影響の有無を判断するには、2巡目の評価が必要とされる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.