天気予報を見る
 
新聞購読申込

原子炉圧力容器内装置の落下確認/福島第1原発3号機、水中調査

2017/11/30 18:53

 東京電力は30日、今年7月に福島第1原発3号機の原子炉格納容器内で実施した水中ロボット調査による映像の分析結果を公表した。原子炉圧力容器内にあったチューブ状の装置が圧力容器の真下に落下している状況を確認。圧力容器の底部が大規模に損傷している可能性があるという。

 また原子炉格納容器にたまっている水の水面が広範囲で揺らいでいる様子も確認できた。圧力容器底部が中心部だけでなく周囲も損傷し、冷却のため注入している水が滴り、水面を揺らしているとみられる。

 落下が確認された装置は、原子炉の出力をコントロールする制御棒を挿入するためのもので、圧力容器内にある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.