天気予報を見る
 
新聞購読申込

火星のしま、砂の流れが模様形成/「水ではない」とNASA

2017/11/21 09:21

 無人探査機マーズ・リコネサンス・オービターが撮影した火星のしま模様の写真(NASA提供・共同)
 無人探査機マーズ・リコネサンス・オービターが撮影した火星のしま模様の写真(NASA提供・共同)

 【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は20日、過去に火星表面で発見され、水の流れとみられた現象は、丘陵地を滑り降りる砂の流れだったと発表した。

 火星表面には、暖かい時期にだけ現れ、寒くなると消える幅5メートルほどの細いしま模様があることが知られている。NASAは氷が解けて水が流れてできていると推定していた。

 しかし、無人探査機マーズ・リコネサンス・オービターが上空から撮影した画像を詳細に分析すると、しま模様の表面は乾燥しており、模様の形も砂が急斜面を滑り落ちてできるものに近いことが分かった。

 しまがなぜ暖かい季節にだけ現れるのかは不明。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.