天気予報を見る
 
新聞購読申込

パリ協定開始へ険しい道/ルール作り、来年末期限

2017/11/18 19:31

 【ボン共同】ドイツ・ボンでの気候変動枠組み条約第23回締約国会議(COP23)は18日、予定を1日延期する激しい交渉の末、パリ協定が始まる2020年より前の取り組みを含む国際的な温暖化対策に関する決議を採択し、閉幕した。

 来年が期限のパリ協定の実施ルール作りに関しては、合意が成立したのは、今後の議論の進め方など手続き関連がほとんどだった。どんな要素を盛り込むかについては、各国の意見の隔たりが大きく、併記にとどまった。来年は険しい交渉の道が待ち受けるのが確実で、4〜5月に予定される会合が最初の本格論戦の場になる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.