天気予報を見る
 
新聞購読申込

福井でよろい竜の歯化石見つかる/アジア最古級、白亜紀前期

2017/11/15 18:47

 福井県立恐竜博物館が見つかったと発表した、よろい竜の歯の化石(同館提供)
 福井県立恐竜博物館が見つかったと発表した、よろい竜の歯の化石(同館提供)

 福井県立恐竜博物館(同県勝山市)は15日、同市にある約1億2千万年前の白亜紀前期の地層から、よろい竜の歯の化石が2個見つかったと発表した。過去に中国で発見された同年代のものと並び、よろい竜の化石としてはアジア最古級という。

 よろい竜は、頭部から尾にかけ、骨でできた装甲を持つ草食恐竜。ジュラ紀後期の1億6千万年前ごろ北米に現れ、白亜紀に北半球を中心に繁栄した。同博物館の河部壮一郎研究職員は「生息域の広がりを考える上で大きな発見だ」と話している。

 博物館によると、歯は左側上下1個ずつで上は長さ約1センチで幅約6ミリ、下は長さ約24ミリで幅約5・5ミリ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.