天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

元教授の論文14本に不正/弘前大が調査結果公表

2017/11/14 21:14

 弘前大元医学部教授の論文が不正と認定され、謝罪する佐藤敬学長=14日午後、青森県弘前市
 弘前大元医学部教授の論文が不正と認定され、謝罪する佐藤敬学長=14日午後、青森県弘前市

 弘前大(青森県弘前市)は14日、元医学部教授の男性(今年1月死去)が2002〜06年、米国の医師会雑誌に発表した論文14本に捏造や盗用があったと発表した。佐藤敬学長が共著者となっていたが、英文の校正を担当したにすぎず、専門分野が異なるとして「不正には該当しない」と結論付けた。

 調査対象は1997〜11年に発表された骨折の予防などに関する論文38本。調査の結果、元教授の生前の証言などから、13本に症例数の水増しなどの「捏造」、1本に「盗用」があったと認定した。

 元教授は00〜03年、弘前大に在籍。その後、福岡県内の病院に勤務し、今年1月に64歳で死去した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.