天気予報を見る
 
新聞購読申込

クジラの骨を発掘完了、標本へ/徳島・阿南、昨年1月漂着

2017/11/14 17:45

 つり上げられるマッコウクジラの頭骨=13日午後、徳島県阿南市
 つり上げられるマッコウクジラの頭骨=13日午後、徳島県阿南市

 徳島県阿南市の中林海岸に昨年1月、漂着して死亡し、砂浜に埋められたマッコウクジラについて、国立科学博物館の研究者ら約20人が14日、骨を掘り出す作業を完了した。今後、標本にする。若い雄で死亡時の推定は体長約10メートル、重さ17トン。約100点の骨が地中約3メートルから次々と取り出された。

 作業は13日から重機などを使って始まり、14日は搬出作業をした。長さ約3メートルの頭骨や背骨、肋骨、上歯などを回収した。阿南市と国立科学博物館が標本にすることを協議し実現。研究用に同館の施設に保管される。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.