天気予報を見る
 
新聞購読申込

福島第1核燃料取扱機の設置開始/使用済み取り出しへ、3号機

2017/11/12 15:26

 東京電力福島第1原発3号機の原子炉建屋上部に設置される「燃料取扱機」(上)=12日(代表撮影)
 東京電力福島第1原発3号機の原子炉建屋上部に設置される「燃料取扱機」(上)=12日(代表撮影)

 東京電力は12日、福島第1原発3号機の使用済み核燃料プールからの燃料取り出しに向け、プール内で燃料を輸送容器に移す「燃料取扱機」の設置作業を開始し、報道陣に公開した。重さ約72トンの取扱機が大型クレーンで地上からつり上げられ、約30分かけて原子炉建屋上部に運ばれた。

 3号機の原子炉建屋は水素爆発で損傷し、プールには燃料566体が残されたままになっている。東電は放射性物質の飛散などを防ぐため、建屋上部を覆う屋根カバーを設置しており、取扱機はその内部に取り付けられる。

 取扱機は高さ約9・3メートル、幅約17メートル、奥行き約8メートル。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.