天気予報を見る
 
新聞購読申込

次世代加速器の縮小決定/日本に早期実現求める

2017/11/10 10:21

 宇宙誕生の謎に迫る次世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」計画について、世界の物理学者の国際組織は10日、全長を31キロから20キロに縮小することを決め、建設を支持するとの声明を発表した。縮小で建設費が4割減の5千億円程度になるため、声明は「日本の主導で早期に実現してほしい」とした。

 岩手・宮城両県の北上山地が候補地。声明は、ILCを万物に重さを与える「ヒッグス粒子」の工場と位置付け、ヒッグス粒子の精密な研究ができると指摘。だが縮小で、当初想定した未知の素粒子探しなど一部の実験は難しくなる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.