天気予報を見る
 
新聞購読申込

宇宙滞在で脳わずかに変形/飛行士、無重力影響か

2017/11/08 18:12

 【ワシントン共同】国際宇宙ステーションに約半年間の長期滞在した宇宙飛行士に、脳の形がわずかに変わったり、位置がずれたりする異常が見つかったと、米サウスカロライナ医大などのチームが8日までに発表した。

 無重力状態に長期間いたのが原因とみられる。脳の働きや健康への影響は不明だが、往復で2〜3年かかる将来の火星への有人探査を見据えると、継続して調べる必要があるとしている。

 チームは磁気共鳴画像装置(MRI)を使って、打ち上げ前後の飛行士の脳を撮影し、比較した。長期滞在した18人のうち17人の脳で、頭頂部近くの「中心溝」と呼ばれる溝が狭まったことを確認した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.