天気予報を見る
 
新聞購読申込

東大、次世代カミオカンデへ準備/26年から観測目指す

2017/11/08 18:03

 2026年の観測開始を目指す「ハイパーカミオカンデ」の完成予想図(ハイパーカミオカンデ研究グループ提供)
 2026年の観測開始を目指す「ハイパーカミオカンデ」の完成予想図(ハイパーカミオカンデ研究グループ提供)

 宇宙を満たす素粒子ニュートリノの謎の解明を目指す次世代観測装置「ハイパーカミオカンデ」の岐阜県飛騨市への建設に向け、東京大が8日までに研究者の連携組織を発足させた。建設費675億円を想定し、2026年の観測開始が目標。来年度の建設着手を目指して文部科学省に予算化を求めている。

 東大宇宙線研究所の梶田隆章所長は8日、飛騨市での会合で「宇宙の起源の謎に迫ると期待されている。世界の中心となる研究拠点の創設を目指す」と語った。

 ハイパーカミオカンデは、地下650メートルに掘った巨大な円筒形の水槽を19万トンの水で満たす構造。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.