天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

火口を覆う高温の熱風発生/防災科研が新燃岳を現地調査

2017/10/12 19:11

 噴煙を上げる霧島連山・新燃岳=11日(防災科学技術研究所提供)
 噴煙を上げる霧島連山・新燃岳=11日(防災科学技術研究所提供)

 防災科学技術研究所は12日、宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃岳を現地調査した結果、火山灰や火山ガスがまじった高温の熱風「火砕サージ」が、火口全体を覆うような規模で発生し、火山灰を降り積もらせたとの見方を明らかにした。

 一方、火山灰の堆積は火口内で数十センチ、火口外の斜面で10センチ程度の堆積とそれほど多くなく、噴石も飛んでいないことから、現状では2011年の噴火と比べて規模は小さいとしている。火山灰は極細の粒状で、水蒸気噴火特有の形をしていた。

 棚田俊収・火山防災研究部門長は「噴火はまだそれほど大きくないが、今後も活動を注視していく必要がある」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.