天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

次世代原子炉の技術、輸出へ/ポーランド候補に

2017/09/24 16:06

 政府は、炉心溶融が起こりにくく、より安全性が高いとされる次世代原子炉「高温ガス炉」技術を海外へ輸出し、同炉を使った新たな原発の建設を目指す方針を固めた。地球温暖化防止の新エネルギー源として導入を検討するポーランドが輸出先の候補だ。政府関係者が24日、明らかにした。

 高温ガス炉は、日本原子力研究開発機構(茨城県)が研究炉を保有しており、技術的には現在、世界トップ級とされる。日本が蓄積した技術をポーランドに持ち込んで共同開発を推進。研究レベルの炉の実用化を進め、新原発をつくる構想だ。

 関係者によると、ポーランドは約20基の高温ガス炉の導入を検討している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.