天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

土星の上空2千キロに突入/カッシーニ、大気直接観測

2017/09/14 10:33

 無人探査機カッシーニが土星の大気上層に突入する経路(中央を左から右に延びる線)のイメージ(NASA提供・共同)
 無人探査機カッシーニが土星の大気上層に突入する経路(中央を左から右に延びる線)のイメージ(NASA提供・共同)

 【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は13日、日本時間15日夜に予定する無人探査機カッシーニの土星突入計画の詳細を発表した。土星表面から上空1915キロの大気上層に入り、通信が途絶える1分ほどの間に、初めて土星大気の直接観測に挑む。

 カッシーニの速度は時速11万キロに達し、大気に押されて姿勢が乱れ、すぐに通信ができなくなると予想。この間に機器の中に大気を取り込み、成分を分析する。分析チームを率いるウェイト氏は「土星の成り立ちと進化の歴史に迫ることができる」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.