天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

ロケット打ち上げ17日以降に/バルブ用のヘリウム漏れか

2017/08/12 19:00

 打ち上げが延期されたH2Aロケット35号機=12日午後、鹿児島県の種子島宇宙センター
 打ち上げが延期されたH2Aロケット35号機=12日午後、鹿児島県の種子島宇宙センター

 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は12日、同日予定していた政府の人工衛星「みちびき3号機」を載せたH2Aロケット35号機の打ち上げを延期すると発表した。新たな打ち上げ日は最短でも17日以降になる見通しという。

 第1段エンジン関連のバルブを動かすヘリウムが漏れた可能性があるため。ロケットを発射場から組立棟に戻した上で、原因を詳しく調べる。

 ロケットは、12日午後1時40分に鹿児島県の種子島宇宙センターで打ち上げられる予定だった。だが、燃料の液体水素を注入した後の点検で、ヘリウムタンクの圧力が過去の平均よりも低下していることが分かった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.