天気予報を見る
 
新聞購読申込
 
 

中国ゲノム編集論文を訂正/日本人の著述を一部コピー

2017/05/19 17:25

 昨年4月に人の受精卵をゲノム編集で改変したと発表した中国の広州医科大のチームが、北海道大の石井哲也教授(生命倫理学)の著述の一部を無断でコピーして論文に使っていたことが19日、分かった。チームは不正を認めて石井氏に謝罪し論文を訂正した。研究結果に間違いはなかったとしている。

 論文は正常に成長できない受精卵を使い、エイズウイルス(HIV)感染に関わる遺伝子を改変したとの内容。生殖補助医療の専門誌に発表され、別の中国チームに続いて人の受精卵をゲノム編集した2番目の例として注目された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.