天気予報を見る
 
新聞購読申込

分子の車レースで日本は棄権/100万分の1ミリ走行

2017/04/30 16:28

 分子1個でできた車による約30時間のカーレースがフランスで28、29の両日開かれ、日本の物質・材料研究機構(茨城県)チームの車は操作用コンピューターの不具合のため途中で棄権した。100万分の1ミリの走行記録は残し、復旧努力に対し「フェアプレー賞」を受賞した。

 レースは分子の操作技術などの向上を狙い、会場となったフランス国立科学研究センターが主催。世界の6チームが100万分の1ミリサイズの車を持ち寄り、特殊な顕微鏡を使い約1万分の1ミリのコース走破に臨んだ。

 レース開始直後、主催者が用意した日本チームのコンピューターにトラブルが発生し、車も壊れた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.