天気予報を見る
 
新聞購読申込

猿橋賞に千葉大の石原安野准教授/南極でニュートリノ観測

2017/04/18 18:32

 「猿橋賞」の受賞が決まり、笑顔で記者会見する千葉大の石原安野准教授=18日午後、東京都千代田区
 「猿橋賞」の受賞が決まり、笑顔で記者会見する千葉大の石原安野准教授=18日午後、東京都千代田区

 優れた女性科学者をたたえる「猿橋賞」に、太陽系の外から飛んできた高いエネルギーを持つ素粒子ニュートリノを南極で測定することに成功した千葉大の石原安野准教授(42)が決まった。主催する「女性科学者に明るい未来をの会」が18日、発表した。

 同日都内で会見した石原さんは「非常に光栄で、本当にうれしい」と語った。石原さんは、南極の巨大な氷床を観測装置として利用する国際的な実験「アイスキューブ」に参加し、宇宙に存在するニュートリノの観測を研究している。

 同会は、石原さんが12年に非常に高いエネルギーを持ったニュートリノを初めて捉え、量を測定したことなどを評価した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.