天気予報を見る
 
新聞購読申込

クローンの作製効率向上、近畿大/3種化合物で培養

2017/04/15 17:31

 近畿大などのチームが培養過程で3種類の化合物を使い作製したクローンマウス。外見や繁殖能力に異常はない(近畿大提供)
 近畿大などのチームが培養過程で3種類の化合物を使い作製したクローンマウス。外見や繁殖能力に異常はない(近畿大提供)

 培養過程に3種類の化合物を使うことで、クローンマウスの作製効率を最大約25%まで高める手法を開発したと、近畿大や京都大などのチームが15日、海外学術誌の電子版に発表した。これまでは1〜数%だった。

 絶滅危惧種の保全や医療用の実験動物作製への応用が期待される。

 チームの宮本圭・近畿大講師(発生生物学)は「マウス以外にも応用できるはずで、現在はブタで実験を進めている。簡易な方法で、クローン技術を実用化レベルに効率化できる」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.