天気予報を見る
 
新聞購読申込

純野生トキが本州に初飛来/新潟市で確認

2017/04/13 21:24

 市民が撮影した「純野生」の1歳の雌トキ=13日午後、新潟市(環境省提供)
 市民が撮影した「純野生」の1歳の雌トキ=13日午後、新潟市(環境省提供)

 環境省は13日、新潟県佐渡市の野生下で生まれたペアから誕生した「純野生」の1歳の雌トキが、日本海を渡り約60キロ離れた新潟市に飛来したと発表した。純野生トキが本州で確認されるのは初めて。

 環境省によると、純野生トキは昨年4月、40年ぶりに誕生が確認された。この雌トキは巣立った純野生ひな6羽のうちの1羽。

 13日午後4時ごろ、新潟市内の水田で餌をとっている姿を市民が発見。連絡を受けた環境省の職員が、装着していた足輪から確認した。

 繁殖期の雌のトキには相手を求めて広く移動する習性があるが、確認された個体は繁殖に参加するにはまだ若く、飛来の理由は不明という。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.