天気予報を見る
 
新聞購読申込

JAXA、仏と火星衛星探査/24年打ち上げへ

2017/04/10 21:09

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は10日、火星を回る衛星に着陸し、砂などの試料を採取して地球に持ち帰る無人探査機を、フランスの技術協力を得て開発すると発表した。2024年の打ち上げを目指す。

 JAXAは「実現すると火星衛星からのサンプルリターン(試料回収)は世界初」としている。試料の組成などを調べて衛星の起源に迫るほか、表面に積もっていると考えられる火星からの飛来物質を分析し、火星の形成過程の解明も目指す。

 JAXAとフランス国立宇宙研究センターが同日、観測機器の搭載などで協力する取り決めを締結した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.