天気予報を見る
 
新聞購読申込

震災経験生かす看護大開校、岩手/災害対応を必修に

2017/04/07 11:30

 今春新設された岩手保健医療大の入学式で、誓いを述べる新入生代表=7日午前、盛岡市
 今春新設された岩手保健医療大の入学式で、誓いを述べる新入生代表=7日午前、盛岡市

 盛岡市に今春新設された岩手保健医療大で7日、初めての入学式が開かれた。慢性的な看護師不足の改善に向けて、看護学部で新入生78人が学ぶ。東日本大震災の経験を踏まえ、災害時の看護を必修科目にしたカリキュラムが特徴だ。

 震災後に指摘された医療支援の重要性に基づき、災害発生直後の応急措置に加えて、患者の長期的な心のケアに関する講座も必修の単位とした。被災した岩手県沿岸部の医療を支える人材の育成も目指す。

 大学は同県二戸市で幼稚園を運営する学校法人が設立した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.