天気予報を見る
 
新聞購読申込

被災の熊本・京大火山研、再建へ/南阿蘇村、5年以内に

2017/04/04 19:26

 京都大が報道陣に公開した、熊本地震の本震で損傷した火山研究センターの施設=4日午後、熊本県南阿蘇村
 京都大が報道陣に公開した、熊本地震の本震で損傷した火山研究センターの施設=4日午後、熊本県南阿蘇村

 京都大は4日、熊本地震で被災し閉鎖が続く、火山研究センター(熊本県南阿蘇村)の施設を報道陣に公開した。昨年4月16日に発生した2度目の大揺れ・本震により、建物の内壁は剥がれ落ち、鉄筋がむき出しとなった。ただ、同センターは「地盤の安全性に問題ない」と判断しており、5年以内の再建を目指す。

 村の高台にある同センターは、鉄筋コンクリート造り一部7階建て。完成したのは1929年で、大学の火山研究施設としては国内で最も古いという。本震で建物は半壊し、地盤は最大で約20センチ沈下した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.