天気予報を見る
 
新聞購読申込

ジュゴンの影響調査求める、沖縄/オスプレイ事故で環境団体

2016/12/28 20:27

 沖縄県名護市沿岸で起きた米軍の新型輸送機オスプレイの事故で、現場周辺に生息するジュゴンへの影響が懸念されるとして、日本自然保護協会(東京)など6団体が連名で28日、環境調査を求める要望書を政府と在日米軍に送付した。

 ジュゴンは国の天然記念物で、国内の生息は沖縄本島沿岸の3頭だけとの見方が強い。

 要望書は「墜落した海域にある藻場を1頭が主な餌場にしており、別の1頭も付近を使っている。一歩間違えば機体がジュゴンの上に落下していた」と指摘。機体の燃料など化学物質の影響がないか調べることや、生息域の上空で訓練しないことを求めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.