天気予報を見る
 
新聞購読申込

中国、新興5カ国と衛星網構築へ/宇宙白書「独自技術で」

2016/12/27 18:48

 GPS「北斗」を搭載して打ち上げられる運搬ロケット=6月、中国四川省の西昌衛星発射センター(共同)
 GPS「北斗」を搭載して打ち上げられる運搬ロケット=6月、中国四川省の西昌衛星発射センター(共同)

 【北京共同】中国政府は27日、宇宙戦略をまとめた白書「中国の宇宙」を公表した。米衛星利用測位システム(GPS)に対抗して開発中の独自のGPS「北斗」などを使い、インドやブラジルなど新興5カ国(BRICS)との衛星ネットワーク構築を目指し、今後5年間で宇宙での影響力をさらに強化する方針を打ち出した。

 習近平指導部は2030年までに米国などと並ぶ「宇宙強国」になることを掲げている。白書は、BRICSのほかロシアや中央アジア4カ国などが加盟する上海協力機構(SCO)と連携を深める姿勢も示しており、米国との主導権争いがさらに激化しそうだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.