天気予報を見る
 
新聞購読申込

沖縄で路線バスの自動走行/内閣府、来年3月実験

2016/12/26 11:37

 内閣府は26日、沖縄県南城市で来年3月から、小型の路線バスを自動運転で走行させる実証実験を実施すると発表した。自動運転技術の早期実用化を目指し、実際に公道で技術を確かめるのが狙い。実用化までに必要な運用面や制度面での課題も洗い出す。

 実験は、公共交通手段の乏しい地域での乗り合いバスの利用を想定し、自動走行するバスがバス停に正しく発着できるかどうかを調べる。無人運転はせず、安全性確保のために運転手が同乗する。車いすの人や高齢者が乗り降りしやすいように、バス停に隙間なく横付けする技術も確認する予定にしている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.