天気予報を見る
 
新聞購読申込

たばこ吸い殻を再利用/国内初の工場、本格稼働

2016/12/20 21:20

 たばこの吸い殻から分離したフィルターを加工してできたペレット=20日午後、前橋市
 たばこの吸い殻から分離したフィルターを加工してできたペレット=20日午後、前橋市

 日本たばこ産業の子会社「トゥルースピリットタバコカンパニー」は20日、前橋市と埼玉県川口市で本格的に稼働を始めた国内初のたばこの吸い殻リサイクル工場を公開した。吸い殻の再利用は技術や費用面から難しく、世界でも米国に次いで2例目という。

 日本たばこ協会によると、紙巻きたばこは年間1800億本が販売されている。トゥルースピリットによると、1本当たり1グラム程度が吸い殻として残るが、ごみとして捨てられている。日本ではたばこを消すときに水を使うことから、吸い殻がぬれ、リサイクル技術の開発が難しかった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.