天気予報を見る
 
新聞購読申込

桜島、「無爆発」最長期間を更新/18日まで145日間

2016/12/19 00:35

 鹿児島地方気象台は19日、鹿児島市の桜島が7月27日から今月18日までの145日間、爆発的噴火が起きず、昭和火口が活動を再開した2006年以降の最長期間(08年8月24日〜09年1月14日の144日間)を更新したと明らかにした。

 今年7月26日に昭和火口で噴煙の高さが5千メートルに達する爆発的噴火が起きてから無爆発状態が続いている。

 桜島の噴火警戒レベルは現在、入山規制を伴うレベル3に設定されている。桜島を含む姶良カルデラのマグマの供給が増えているため、警戒レベルは今後も維持される見通し。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.