天気予報を見る
 
新聞購読申込

原発事故でロボ派遣、福井に拠点/本格運用始まる

2016/12/17 12:02

 「美浜原子力緊急事態支援センター」に配備された、無線で操作できる重機=17日午前、福井県美浜町
 「美浜原子力緊急事態支援センター」に配備された、無線で操作できる重機=17日午前、福井県美浜町

 電気事業連合会や日本原子力発電は17日、原子力発電所で事故が起きた場合に、全国各地にロボットや人材を派遣する拠点となる「美浜原子力緊急事態支援センター」(福井県美浜町)の本格的な運用を始めた。関西電力や日本原燃など原発関係の施設を持つ11社の緊急事態に対応する。

 センターには、カメラ機能を使って現場の情報を集めたり、がれきを撤去したりするロボット8台やフォークリフトを配備。操作などの訓練をする。日本原電を中心に少なくとも6人が常駐し、事故に備える。

 センターでは同日開所式があり、日本原電の村松衛社長があいさつした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.