天気予報を見る
 
新聞購読申込

鹿児島県が専門家委設置へ/知事公約、原発の安全検証

2016/12/16 12:15

 鹿児島県議会の本会議に出席した三反園訓知事(手前)=16日午前
 鹿児島県議会の本会議に出席した三反園訓知事(手前)=16日午前

 鹿児島県議会は16日、本会議を開き、九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の安全性を検証する専門家委員会の関連経費を含む補正予算案を採決し、可決した。一部に慎重論もあった最大会派の自民党が賛成した。三反園訓知事が7月の知事選で公約に掲げていた委員会設置がようやく実現する。

 県などによると、委員会は原子力工学や地震学、防災などの専門家12人で構成される。これまで具体名は公表されておらず、原発の稼働に対してどういう考えを持つメンバーが多数を占めるかにも注目が集まる。

 県は予算の成立を受け、速やかに委員会を設置する構え。来年3月末までに数回程度開催する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.