天気予報を見る
 
新聞購読申込

こうのとり、宇宙基地到着/ロボットアームでキャッチ

2016/12/13 20:06

 9日に鹿児島県・種子島から打ち上げられた無人補給機「こうのとり」6号機。高度約400キロの国際宇宙ステーションに到着しロボットアームにキャッチされた=13日(NASAテレビ)
 9日に鹿児島県・種子島から打ち上げられた無人補給機「こうのとり」6号機。高度約400キロの国際宇宙ステーションに到着しロボットアームにキャッチされた=13日(NASAテレビ)

 9日に鹿児島県・種子島から打ち上げられた無人補給機「こうのとり」6号機が13日午後、高度約400キロの国際宇宙ステーションに到着し、滞在中の宇宙飛行士がロボットアームを操作してキャッチした。

 こうのとりの飛行は、茨城県の宇宙航空研究開発機構(JAXA)筑波宇宙センターにある運用管制室が制御。打ち上げ後、徐々に高度を上げながらステーションに接近させた。

 こうのとりは、ステーションの活動に必要な物資を運ぶ補給機。長期滞在する飛行士の食料や飲み水のほか、国内外の大学や民間企業が開発した超小型衛星7個など計約5・9トンの荷物を搭載している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.