天気予報を見る
 
新聞購読申込

大隅さん新刊、出版へ/細胞のはなし、おいが編集

2016/12/06 06:00

 大隅良典さん(右)と新刊の編集をする、おいの直人さん=2009年、神奈川県(大隅直人さん提供)
 大隅良典さん(右)と新刊の編集をする、おいの直人さん=2009年、神奈川県(大隅直人さん提供)

 ノーベル医学生理学賞に決まった大隅良典・東京工業大栄誉教授(71)が、細胞や科学について一般向けに語った新刊「細胞のはなし」が年明けにも刊行される。編集を手掛けるのは、おいの大隅直人さん(49)。直人さんは「(大隅さんの)語り口を生かした本にしたい」と意気込む。

 直人さんは、大隅さんの兄、大隅和雄・東京女子大名誉教授(日本文化史)の息子で、滋賀県で出版社「大隅書店」を営む。

 大隅さんの本を手がけたいと思ったのは、出版社を立ち上げた数年前のこと。「中学生以上に向けた、入門となるような啓蒙書を作りたい」と考えた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.