天気予報を見る
 
新聞購読申込

森田氏ニホニウム命名決定に喜び/「人類の知的財産」

2016/12/01 11:49

 新元素名が正式に「ニホニウム」と決まったことを受け、福岡市内で記者会見する森田浩介・九州大教授(左)ら=1日午前
 新元素名が正式に「ニホニウム」と決まったことを受け、福岡市内で記者会見する森田浩介・九州大教授(左)ら=1日午前

 理化学研究所のチームが合成した新元素名が正式に「ニホニウム」と決まったことを受け、チームを率いた森田浩介・九州大教授らは1日、福岡市で記者会見した。森田氏は「人類の知的財産として蓄積されることを、大変うれしく思う」と語った。元素を日本の科学者が命名したのは初めてで、アジアの中でも初の快挙。

 ニホニウムは、原子番号30の亜鉛を同83のビスマスにぶつけ、核融合させてつくられた。森田氏らは2004〜12年、埼玉県和光市にある理研の加速器で、計3回の合成に成功した。

 国際純正・応用化学連合(IUPAC)は15年末、原子番号113の新しい元素として認定。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.