天気予報を見る
 
新聞購読申込

福島・大熊町で4月に視察ツアー/避難区域を住民が案内

2015/02/28 08:16

 福島第1原発事故で避難が続く町の現実を知ってもらおうと、第1原発が立地する福島県大熊町の住民らでつくるNPO法人「大熊町ふるさと応援隊」が4月26〜27日にツアーを実施する。

 ツアーの初日は日中しか立ち入りができない大熊町の居住制限区域内を、住民の説明を受けながらバスでまわる。2日目は大熊町役場の移転先、会津若松市で大熊町の小学校や、避難中の住民が運営するぬいぐるみ工房を訪問する。

 応援隊の代表理事、渡部千恵子さん(63)は「原発事故が起きると地域がどうなるのか、実際に見て考えてほしい」としている。

 東京駅発着で、料金は宿泊費込みで1人3万9200円。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.