天気予報を見る
 
新聞購読申込

タンチョウ生息数が過去最多/北海道、1187羽

2015/02/27 11:58

 国の特別天然記念物タンチョウ=1月、北海道釧路市の阿寒国際ツルセンター
 国の特別天然記念物タンチョウ=1月、北海道釧路市の阿寒国際ツルセンター

 北海道は27日、国の特別天然記念物タンチョウの2014年度2回目となる生息数調査で、過去最多となる計1187羽を確認したと発表した。これまでの最多は12年度の1163羽だった。

 道によると、調査は1月26日、北海道東部を中心とした21市町村の給餌場など計137カ所で実施。内訳は野生の成鳥1023羽、幼鳥129羽。このほか、35羽が保護されて動物園などで飼育されている。

 正富宏之専修大北海道短大名誉教授は、調査結果について「12年以降は千羽を超え、全体として微増している。人間の生活環境に依存する傾向にある可能性もある」とのコメントを出した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.