天気予報を見る
 
新聞購読申込

三角関係を制するホルモン発見/雄のメダカで、東大チーム

2015/02/27 08:10

 実験に使った3匹のメダカ。右端が雌(東京大提供)
 実験に使った3匹のメダカ。右端が雌(東京大提供)

 自分の恋の相手に近づくライバルを、撃退する行動に出るためのホルモンを雄のメダカで発見したと東京大などのチームが27日、米科学誌電子版に発表した。チームは「三角関係を制するホルモンだ」とみている。

 似たホルモンは人にもあるが、同じ働きをしているかは不明。東京大大学院生の横井佐織さんは「三角関係の嫉妬心や執着心といった感情を生む神経の仕組みが分かるかもしれない」と話している。

 チームは、一つの水槽にメダカの雌1匹と雄2匹を入れると、雌に近づく雄の手前に、もう一方の雄が割り込もうとすることを発見した。割り込む回数で勝った雄が子孫を残しやすかった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.