天気予報を見る
 
新聞購読申込

エボラ感染阻止に手掛かり、九大/ワクチン開発に期待

2015/02/27 02:00

 九大大学院医学研究院の橋口隆生助教(ウイルス学)のグループは、エボラ出血熱や類似のマールブルグ病のウイルスを人の体内に侵入させない手掛かりを発見し、26日付の米科学誌「セル」で発表した。橋口助教は「感染を防ぐメカニズムの解明やワクチン開発が期待できる」としている。

 グループは、エボラ熱と症状が似たマールブルグ病の感染者の血液を解析。マールブルグ病やエボラ熱のウイルスと結合することができる抗体が複数できていることを突き止めた。

 結合するウイルスの部位は、人へ感染する際に必須の部位と一部が重なっており、抗体と結び付けて感染を阻害できる可能性があるとみている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.