天気予報を見る
 
新聞購読申込

環境団体が川内原発検証/「火山リスクを過小評価」

2015/02/26 16:37

 川内原発の火山リスクについて話すグリーンピース・ドイツのショーン・バーニー氏(左)=26日、鹿児島県庁
 川内原発の火山リスクについて話すグリーンピース・ドイツのショーン・バーニー氏(左)=26日、鹿児島県庁

 国際的な環境保護団体グリーンピースは26日、鹿児島県庁で記者会見し、再稼働に向け手続きが進む同県薩摩川内市の川内原発について「日本の原子力規制委員会と九州電力は火山のリスクを過小評価している」とする独自の検証結果を発表した。大規模な噴火でなくても、降灰により電源喪失に至る恐れがあるなどと指摘した。

 同日、結果をまとめた報告書を規制委と鹿児島県、同県議会に送り、再稼働容認の判断を見直すよう要請した。検証は英国の原子力コンサルタントに委託していた。

 報告書は、規制委がまとめた火山影響評価ガイドは国際原子力機関(IAEA)が定めた基準を満たしていないと批判。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.