天気予報を見る
 
新聞購読申込

中村教授らに米ドレイパー賞/「LEDの父」と共に受賞

2015/02/25 10:33

 ドレイパー賞を受賞した中村修二・米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授(中央)=24日、ワシントン(共同)
 ドレイパー賞を受賞した中村修二・米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授(中央)=24日、ワシントン(共同)

 【ワシントン共同】青色発光ダイオード(LED)を開発し、昨年のノーベル物理学賞を受賞した中村修二・米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授(60)が24日、米首都ワシントンで開かれた全米工学アカデミーのドレイパー賞の授賞式に出席した。

 同じくノーベル賞の赤崎勇・名城大終身教授(86)や、1962年に世界で初めて赤色LEDを開発し「LEDの父」とも呼ばれるイリノイ大のニック・ホロニアック名誉教授(86)ら計5人での共同受賞だが、赤崎氏とホロニアック氏は授賞式を欠席した。

 中村氏は「省エネ技術など人類への貢献が認められて大変うれしい」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.