天気予報を見る
 
新聞購読申込

福島「飯舘電力」が発電開始/避難区域で太陽光パネル

2015/02/21 17:41

 原発事故で避難指示区域に指定され、ほとんどの住民が避難する福島県飯舘村で、発電を開始した「飯舘電力」の太陽光発電施設=21日午後
 原発事故で避難指示区域に指定され、ほとんどの住民が避難する福島県飯舘村で、発電を開始した「飯舘電力」の太陽光発電施設=21日午後

 東京電力福島第1原発事故により避難指示区域に指定され、ほとんどの住民が避難する福島県飯舘村で、村民や地元企業が出資して設立した地域電力会社「飯舘電力」が21日、太陽光発電を開始した。発電した電気は全量を東北電力に売る。

 発電所は1月に着工。この日は、特別養護老人ホームの敷地内に並べられた216枚の太陽光パネルで発電した電気を、送電線へ流す作業があった。雲一つない青空で、太陽光がパネルへと降り注ぎ、発電が始まった。

 飯舘電力によると、発電所は出力が49・5キロワットで、年間発電量は約15世帯が1年間に消費する電力に相当する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.