天気予報を見る
 
新聞購読申込

福島第1原発、全処理設備が稼働/高濃度汚染水を浄化

2015/02/20 20:59

 東京電力は20日、福島第1原発で高濃度汚染水から放射性物質のストロンチウムを除去する装置の運転を開始したと発表した。多核種除去設備(ALPS)を含め、汚染水を浄化するために当初計画していた7種類の設備全てが稼働したことになる。

 運転開始したのは「第2モバイル型ストロンチウム除去装置」と呼ばれる設備の2系統で、ストロンチウムを最大で千分の1程度まで取り除くことができる。さらに2系統が近く、稼働する予定で、4系統で1日計1920トンの汚染水処理が可能となる。

 東電によると、19日時点で構内の地上タンクに保管されている高濃度汚染水は約22万トン。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.