天気予報を見る
 
新聞購読申込

ライチョウ人工飼育へ、環境省/絶滅回避へ6月卵採集

2015/02/20 20:56

 環境省は20日、国の特別天然記念物「ニホンライチョウ」の絶滅を回避するため、人工飼育を始める方針を明らかにした。日本動物園水族館協会と連携、6月の繁殖期に、生息地の乗鞍岳(長野、岐阜)でふ化前の卵10個を採集する。国がライチョウの飼育に取り組むのは初めて。

 20日に開いた専門家による検討会で、環境省が計画を示し了承された。6月上旬の産卵期と同月下旬の抱卵期にそれぞれ5個ずつ卵を採集、上野動物園(東京)と富山市ファミリーパークに運び、ふ化後は人工餌で飼育する。ひなが順調に育てば来年から繁殖に取り組み、将来的には野生復帰を目指す。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.