天気予報を見る
 
新聞購読申込

原燃、活断層100m延長と報告/規制委、再検討を要請

2015/02/20 17:43

 原子力規制委員会は20日の審査会合で、日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の近くにある活断層「出戸西方断層」(長さ約10キロ)の南端は、工場のある南側にさらに約100メートル延びるとした原燃の追加調査結果を審議した。規制委側は、さらに南側に続く可能性がないかどうか再検討するよう求めた。

 原燃はまた、地震や津波関係の今後の審査で、下北半島沖合を走る「大陸棚外縁断層」の活動性など10項目の説明を予定していると報告。原燃は月2回程度の審査会合の実施を求めてきたが、松村一弘副社長は「回数にこだわらずきちんとやっていきたい」と方針変更を表明した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.