天気予報を見る
 
新聞購読申込

宇宙船のエアバッグ3個膨らまず/NASAの「オリオン」

2015/02/20 09:42

 昨年12月5日、太平洋に着水し回収されるのを待つオリオン宇宙船の試験機。上部に見えるのが5個のうち2個しか膨らまなかったエアバッグ(NASA提供・共同)
 昨年12月5日、太平洋に着水し回収されるのを待つオリオン宇宙船の試験機。上部に見えるのが5個のうち2個しか膨らまなかったエアバッグ(NASA提供・共同)

 【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は19日、火星飛行を目指す次世代宇宙船「オリオン」の無人試験機が昨年12月に地球を2周して海に着水した際に、姿勢を安定させるための5個のエアバッグのうち3個が正常に膨らまないトラブルがあったと発表した。

 エアバッグはカプセルの上部に付いており、誤って上下逆さまに着水した場合に正しい姿勢に戻す役割をする。2個しか膨らまなかったが、姿勢が大きく乱れず海も安定していたため実質的な影響はなかった。NASAは「試験飛行は大成功だった。今後の開発に役立てる」と成果を強調している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.