天気予報を見る
 
新聞購読申込

新星爆発でリチウム合成観測/アマチュアの発見きっかけ

2015/02/18 21:43

 星の表面が爆発し急激に明るさを増す「新星」という現象で、元素のリチウムが大量合成されているのを発見したと、国立天文台などのチームが19日付の英科学誌ネイチャーに発表した。山形市のアマチュア天文家板垣公一さん(67)が見つけた新星を、すばる望遠鏡(米ハワイ島)で観測して突き止めた。

 リチウムは、水素、ヘリウムに次ぎ3番目に軽い元素で、起源や生成過程はよく分かっていない。新星での合成が観測されたのは初めてで、国立天文台の田実晃人さんは「ビッグバンで宇宙が誕生した後に、元素が増えていく過程を詳しく調べるきっかけになる」と話している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.