天気予報を見る
 
新聞購読申込

カジカの新種発見か、小樽/水族館で展示始まる

2015/02/10 19:27

 北海道八雲町沖の日本海で捕獲された、新種とみられるカジカ(おたる水族館提供)
 北海道八雲町沖の日本海で捕獲された、新種とみられるカジカ(おたる水族館提供)

 おたる水族館(北海道小樽市)は10日、北海道八雲町沖の日本海で捕獲された、新種とみられるカジカの公開を始めた。展示されているのは淡い黄土色の体長約10センチの雌1匹。うろこの並び方やとげの有無の組み合わせが、これまで確認されているカジカと異なるのが特徴で、水族館は「学術論文に分類学的記載がまだない種」としている。

 水族館によると、八雲町熊石沖の水深250〜300メートルの海底に設置されたエビかご漁のかごに昨年3月、見たことのないカジカ6匹がかかっているのを水族館職員の三宅教平さん(33)が発見した。このうちの1匹を展示。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.